2.23

 ぎりぎりで「歌をわすれたカナリヤ」出来上がりました。が、途中のシーンがもたれるので今日修正するつもりです。

 24日のメトロポリタンが使い初めになる芸者と舞妓の衣裳が出来上がってきました。すこぶるいいものです。しばらくはこの衣裳であちこちで踊ってもらいましょう。
 喜びは友を呼ぶー自論の通り、とある会社から花嫁衣裳の掛けや掛け下、振袖など数点の寄付が突然舞い込んで来ました。とても華やかなもので、舞踊にもまたオブジェにも即使えるので女性陣は特に大喜びです。ブラウン運動がまさに証明されたような瞬間でした。

 鬘も出来て名古屋から送られてきましたが、今日は作り手みづからが東京まで出向いて具合を見てくれるとのこと。さすがに仕事に対しては熱意ですね。

 いま季刊誌も追い込みです。今回のゲストインタビューは人形師の辻村寿三郎さん。あまりにいいお話ばかりで予定の1ページ半では収まらなくなり、結局私の巻頭言をやめて1ページ増で皆さんに読んでいただくことにしました。それでも掲載しきれず、その分は後日、空間のHPで前文ご紹介することにいたします。

 空間に初めて事務専業の人を本日より入って戴くことにしました。今までは踊り手自身が皆で持ちまわっていたのですが、それぞれの仕事が重なり、どうしても片手間になりがちになってきたからです。
さあ、これも変化の小さな一歩です。自前の衣裳・鬘と新しい仲間…
[PR]
by nihon_buyou | 2010-02-23 05:21
<< 2.24 2.21 >>