<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

カナリヤへのオマージュ

「歌を忘れたカナリヤ」いらして下さったお客様からの声
「わけがわかんないけど面白かったよね(と連れの方に同意を求める)」「なんか不思議で独特な世界。なるほどカナリヤねえ」「今日はわかんなくても必ず残りそう…いろんな歌とか、踊りの1シーンが出てきてしまう。そんな作品ですよね?」「ずいずいずっころばしの輪唱のとこがいいですよね」

 そのほか、出演者個人へのお褒め等もありましたが、それは取りあえず個人的にという事にして…
 あれはどのように見ていただいても全くの自由なんですが、それでも「どう見ていいかわからない」という不安なお客様に、昨日の公演後、私と友人の柳谷氏の間で飛び交ったメールの交換をご披露します。もちろんご本人にもご了解を今朝いただきました。あくまでも自由に見ていただく、感じていただくためのヒントになればの心からです。特に私の発言は振付者の思いではありますが、だからといってそう見なければならないということではありません。この往復メールも楽しんで?お読みください。


柳谷「拝見、ゴンドラの歌でのステップ、村さんらしい。好きだな。秋田音頭傘の早い振り良く止まって綺麗。全体の流れの意味合い、かない高度。これはゆっくりまとめないと、浅いとお叱り。ゆっくりまた。楽千代さん、流れに違和感無し。素人目許されよ。」

村「わざわざのご来駕感謝!会えずに残念。かなり高度のあとの、浅いお叱りってなんの意味?」

柳谷「分かりにくい文章で失礼つかまつりました。あまりに浅い解釈すると、村さんに叱られるので、良く考えてという意味でした。龍葉君の最初のほうの役割は、女心の闇ですか?自分の心との葛藤の象徴と存じ上げまする。」

村「ありがとう!私もこの踊りは本来1時間かかるテーマだよと皆にも言ってました。まあ、まだ見ぬ大作のハイライトと思って下さい(笑)龍葉の役は破壊者、狩人ですが、求めているもの(標的)は実は自分の心であり、壊そうとしているのは自分の思い出です。全てを乱暴に扱いがちな人のタイプです。でも最後に救いがくるーそんなイメージで作ってますが、そうじゃなくてはいけないのではなく、自由に見てもらいたくー」

柳谷「さすが、弓を扇で抑えるとは!」

村「そうそうーそれで扇のほうも自分がつい拠り所にしがちな習性とか、過去や思い出なので捨てました。」

柳谷「全てのしがらみから自由に。」

村「そうそうー」

柳谷「秋田音頭の絵壬乃さんと龍葉君の振りで、今回はしがらみ切りを打ち留め。かな。」

村「そう、敵討ちなんだ(笑)遊びなんだけどね」

柳谷「最初にやられた、敵討ちね(笑)」

村「そういうふうに見る人がいたら、結構可笑しいかなって思ったの。まあ、そんなふうに見る人はいないとは思うけど、そんなシャレが底に流れていて、後はなにかが壊れていく踊りと唄のしりとりーーー松の緑で曲が壊れる(舞踊家は曲を「待つ」)と「愚痴」になる。愚痴は周りの人の心を暗くさせるから停電。そこでろうそくの踊り。暗い中なら誰でも乙女のように恋せるという皮肉で「ゴンドラの唄」ここで手しか使わない踊り、足だけの踊り。「波浮の港」で初めて鳥が出て羽ばたけるかと思うが、立てない踊りがあり、とどのつまりは恋を失う。心までが不自由になるんだ。そこへ狩人!ホントは鳥を得たいのではなく心、自分を取り戻したいんだね。その後、籠に入れられると「露地の細道」「とおりゃんせ」と通れそう、脱け出せそうで行き止まりの曲に続くんだ(笑)」

柳谷「敵討ちは最初に気づいたの!しりとりは、途中の一曲の題名がわからず、残念!(笑)ちょいと元気になって」

村「感謝」

翌朝の柳谷「朝方から発表のシートの用意やらなにやら、頭の中ではゴンドラの唄が響きやす。好きなんだ。気持ちを通したい、でも通らないとおりゃんせ。鵜の鳥も行っては帰る、しがらみで唄を忘れたカナリヤは、銀の船に乗せて船出のしがらみ切り、扇を捨てて、自分を自由にした道具を捨てて、初めて心の目が開く。楽千代さんの舞の最初は気持ちに苦しみ、二度目の登場は諭す。重くなり勝ちな題材を洒落で明るく、それも人生、しかめっ面が真面目じゃないぜお兄ちゃん!(笑)なんて所がつたない頭での感じよう。本当の意味も解らず。絵壬乃さんの衣裳後ろ姿と正面のコントラストが変わっていていい感じでした。」
[PR]
by nihon_buyou | 2010-02-28 09:39

公演前夜

 もう少しで明日を迎えます。

「歌を忘れたカナリヤ」---これを作っていて私はとうとう自分自身の忘れていた歌を思い出してしまいました。

 私は今日、いろんな人に夢中になってこの歌を聞かせていました。そう、歌舞伎や日本舞踊は今を語れるし、語らなければならないのだという歌を!

 忘れていました。自分なりの人生の中で、さまざまな御役をいただき、適度に評価される中でいつの間にか忘れていたことでした。諦めていたことすら理解していませんでした。

 誰かにプランを話し、それを誰かがやってくれたら企画者としてなんらかの形で参加させてもらえばいいと思っていたようです。

 しかし、気付いたのです。歌えるのは私しかいないということを!
[PR]
by nihon_buyou | 2010-02-26 23:52

2.26

 静かな水面の下に行くえの定まらぬ動きがあるのを感じています。それを方向づけていくのは今まで他人だと思っていました。が、この処、どうもその役が自分であるらしいと改めて感じています。

 トラブルは変化の機会だというのは、出来る人なら当たり前のように考え行動していることです。が、意外とトラブルで引きこもってしまう人が多いのも事実です。
 私も十数年前に心のお籠り状態を経験したことがあるので、長い間のつらさや悲しいくらいの孤独には覚えがあります。まして表面的には明るくふるまったり、社会とはそれまで通り付き合っていなければならない、耐えきれないような時間の連続…

 実はそんなお籠りや疲れた時の心がとても大切なんですね。しずかに心のよどみや沈潜を眺めていればいいのです。そのにごりの中に、時折かすかに光るものがあります。その残光を記憶しておくこと。
 夢の残滓…ぼんやりとした頭の中に時折浮かぶ確かな映像がありますね。やらなければ、頑張らねばと思えない時こそ、ホントの自分に出会えるチャンスです。

 しかし、往々にして人はその疲弊を人のせいや愚痴にして誤魔化してしまうものです。確かにそれもなんとかしたいあがきではありますが、実はチャンスを逃すことでもあるのです。
 しずかに沈んでいく自分を体感しながら、周りの景色、あわや微粒を眺めていればいい。そんなものは元気な時には目もくれなかったものなのですから、これが記憶にとどめておくための、またとないチャンスなのです。


 いま大きく踏み出そうとする一歩の陰で、小さくつきまとう渦があります。その渦がいっしょに大きな潮流となれるならとてもステキなことです。が、いつまでも小さな渦でいるのをやめないなら、もう懐かしんでいる必要はないのです。
 底へ沈むだけ沈んだ私は、いま自然と浮力が加わっています。きらめきや微粒を記憶した私はそれを社会に発信しましょう。能も歌舞伎も、そして日本舞踊も今だからこそ語ることがあり、今だからこそ懐古趣味や本棚に積んでおくだけの古典ではないことを実証できるチャンスであることを!
[PR]
by nihon_buyou | 2010-02-26 12:04

2.25

 自分のほうから人を裏切るようなことはしない。
 が、お人好しはもうやめると宣言したのだから、理不尽なことやわからない相手、反省を促したい時には、いったんは手を引くことにしましょう。こんな自分でもホントに必要になったらまた出会う時が来るでしょうからー

 「歌を忘れたカナリヤ」の振り見せをしました。スタッフの方々から他の人たちにリハーサルを見せてあげたいとお褒めの言葉を戴く。でも、まだまだ微調整は続きます。それは作品自体も変化するでしょうし、もう一方で出演する人たちの成長も促されているようです。

 それは踊りの技術ー例えば巧くなることとか、よく表現できるとかいうこととは別次元のことです。大きく言えば社会において、いま舞踊家がなにをなすべきかですし、内輪で言えば空間における自分の立場、なにを自分が周囲の人々に対してなすべきかですね。

 いい人になっている必要はもうありません。すでに世の中の人はよほどの犯罪者を除けば皆いいところ、いい部分はあり、とにかく探せばいい人の部分は誰しもあるのです。

 一番危険なのは仲間うちで褒め合うことです。褒めるほうには無意識にでも自分を評価し引き立ててほしいという媚びがあったり、好かれていないと不安だという感情が働きます。また仲間内から褒められる側もついその人に甘くなったり、自分の成長も止まったり…さらにはお世辞に喜んでいる姿は他者の目から残念がられて見られていることに気が付きません。
 もう一つ先輩格の人が後輩などに意見や注意を言ってあげられないのは、自分に対する自信のなさからと、やはり好かれていたい、嫌な顔をされたくない、事なかれでうまくやって行きたいと思うからです。

 誰しも持ち合わせている感情です。これは悪いことではありません。が、自分がもう一段も二段もグレードアップしたいと考えている場合はこれが実は自分に対する甘さや妥協を呼び寄せるのですね。
 他人に意見や注意をすることには勇気がいります。まずはその一線を乗り越えることでまず心にジャンプ台が出来ます。次にそれを言った以上は、言った相手に対しても自分に対しても責任が生じることで、否応なく自分をその高みに上らせる努力を自分にさせることになりますね。

 人へ意見した通りのことが自分にできるかどうかは誰にもわかりません。しかし言ったことは実は言わせてもらったことなのです。大いなる意思が働いてその人にその役割を与えてもらえたことなのです。だから、必ずそれはさまざまな形で自分にご褒美のように実りをもたらして下さいます。
 そんな立場や年齢にせっかくなれたのにそれを自己保身で使わないでいると、気がついた時には場がなくなっていたりということが必ず起きてしまうものです。
 いま決意すれば、すぐに変化や恵みがあるものです。それほどに人間は天と交流しているものです。また天はどんな人間でもわが子として愛してくれています。つまらない現代風な物言いでは、人間は小宇宙ですからね。なぜ、この物言いがつまらないかと言えば、それが人間の機能面、構造面だけで言っているからに他なりません。一見神秘めかしていますが、つまるところマシーンと同じです。

 それはともあれ、いくら良くても癒しヒーリングばかりでは人はボケてしまいますし、混じりけない水ばかり飲み無菌室に入りきりでは免疫力は低下し、ちょっとしたことで病気になったり死んでしまうかもしれません。
 時には体をいじめたり、刺激物を摂取したりするのと同様、自分で自分を痛めつけるからこそ心が成長するのですね。

 やさしさは自分の甘えと思いしれりー
[PR]
by nihon_buyou | 2010-02-25 08:54

2.24

 今日は青果の木村直司氏の都知事賞受賞パーティーで端唄の舞踊を5曲、うちの女性陣が披露します。
 自前の衣裳・鬘の初お目見えです。

 夜は四谷公会堂の振り見せ。照明・制作さんらが来てくれます。
 「歌をわすれたカナリヤ」は面白いが難解な作品です。理解しようとせずにパートごとを楽しんでもらえると嬉しいです。

 キーワードは「思い出の生き方」です。なんともこれも曖昧で意味深っぽいですか?砕いていいますと、思い出ってある日、ある時、突然目の前に立ち昇ってきますよね。その時、懐かしんだり、振り払おうとしたり、笑ってしまう等さまざまですが、まさにその時、その場にいるような臨場感として重なってくるでしょう。それをイメージした踊りです。特に歌や音楽とはじかに思い出が貼りついてます。楽しかったにつけ悲しかったにしろ、その思い出をもし忘れてしまったらもうその時間は永遠に戻ってこなくなりますね。それが「歌を忘れたカナリヤ」に潜んだメッセージと私は読んでいます。

 そんな理屈はともあれ、最後に楽しい「秋田音頭」もありますから、ぜひご覧ください。
[PR]
by nihon_buyou | 2010-02-24 09:21

2.23

 ぎりぎりで「歌をわすれたカナリヤ」出来上がりました。が、途中のシーンがもたれるので今日修正するつもりです。

 24日のメトロポリタンが使い初めになる芸者と舞妓の衣裳が出来上がってきました。すこぶるいいものです。しばらくはこの衣裳であちこちで踊ってもらいましょう。
 喜びは友を呼ぶー自論の通り、とある会社から花嫁衣裳の掛けや掛け下、振袖など数点の寄付が突然舞い込んで来ました。とても華やかなもので、舞踊にもまたオブジェにも即使えるので女性陣は特に大喜びです。ブラウン運動がまさに証明されたような瞬間でした。

 鬘も出来て名古屋から送られてきましたが、今日は作り手みづからが東京まで出向いて具合を見てくれるとのこと。さすがに仕事に対しては熱意ですね。

 いま季刊誌も追い込みです。今回のゲストインタビューは人形師の辻村寿三郎さん。あまりにいいお話ばかりで予定の1ページ半では収まらなくなり、結局私の巻頭言をやめて1ページ増で皆さんに読んでいただくことにしました。それでも掲載しきれず、その分は後日、空間のHPで前文ご紹介することにいたします。

 空間に初めて事務専業の人を本日より入って戴くことにしました。今までは踊り手自身が皆で持ちまわっていたのですが、それぞれの仕事が重なり、どうしても片手間になりがちになってきたからです。
さあ、これも変化の小さな一歩です。自前の衣裳・鬘と新しい仲間…
[PR]
by nihon_buyou | 2010-02-23 05:21

2.21

 昨日はNBAのバレエでショパン生誕200年記念の「ラストコンサート」とコメディタッチの「ラ・フィユ・マル・ガルデ」
 同行した数学の友が見終わっての感想「微分しなさいと言われて計算しているような舞台。踊りの技術はあるのでしょうが、微分は何かの目的があってすること。それが見えないね」

 久々に二人で飲む。五反田にある「かあさん」に初めて入る。勢いがあり気柵な女性店主。お客さんもすぐに打ち解ける程合いが楽しかった。

 帰り、松岡正剛を夢中になって読んでいたら、5駅も乗り過ごす。その戻りでもあわやで飛び下りる。

 この処、しきりにおどりで何ができるかを考える。社会貢献とか地球環境がどうのなんてだいそれた話ではありません。しかし、小さな人間一人ひとりができる、しかも踊る人間だからできることを考えたいのです。

 大切なことや志はお金が回らなくなっても、感情問題や障害があってもなんとしてもやり遂げなければなりません。尊さはもう種の段階で含まれています。あんな小さな種の中にどうして葉や茎や美しい花が内包されているのかと思えば涙が出そうなほどです。

 思いがあふれてこれ以上書けなくなりました。今日は空間の27・28日に向けての追い込み稽古です。足が動けない踊り、手が使えない踊り、立てない踊り、そして曲が止まった時にはどうなるか等々、久々の実験室をやります。大勢の方に見ていただきたいな…
[PR]
by nihon_buyou | 2010-02-21 10:50

2.20

 新舞踊の講習会では、いらして下さった会員さんと心の底でつながり合う瞬間を体感しました。
 それは、この異常気象や大不況の中だからこそ、芸能が頑張らなければいけないとお話しさせてもらった時でした。皆さん、踊りを愛しておられるのですね。しかし、それが社会や世界と結びつかない、なんの役にも立たないのではないかという軽い諦念を持たれていたのかもしれません。
しかし、芸能はこんな時だから使命があるのです。それを皆さん、魂の奥深いところで実感して下さったように感じたのです。

 私の周囲では小さな事件が頻発しています。皆さん迷わされているせいです。なにか大きな流れに呑みこまれかけています。また、自分も厭だと思いながら不況なら不況という流れに一緒に呑みこまれていなければ不安になってしまう。
 忙しさも忙しいと思った途端に何も手がつかなくなりますね。仕事量もいっぱいいっぱいと自分で自分の器を決めてしまった途端に入る量が限定されてしまいます。
 忙しいという文字は心を失うと書き、また荷物がいっぱいになった容器はいらない中身を捨てるか、もっと大きな容器を用意すればいいだけです。時間がないから、能力がないから、お金がないからできないというのは言い訳にすぎません。
 私はいま、さまざまな作品創りや稽古や企画をする中で大きな変革を自分に課しました。いや、自分の中に向けていた変革を、身の回りと外の変革に移行することで自分自身をも変えていく方法に切り替えるということです。

 いまやらねばならないという使命感をもって芸能が世界を変えていくお役にたつことです。おいおい、このブログで小さなこともいとわず、まずやれること、やらねばならぬこと、実現したこと、そしてぶちあたった困難など、リアルタイムで書いていくことにします。
[PR]
by nihon_buyou | 2010-02-20 09:58

2.18

 馬鹿馬鹿しい話には耳を貸さない。自分の気分に左右されない。情をかけるのもほどほど、ダメなものはダメ。この2,3日で突然自分に与えた訓示です(笑)
  四谷公会堂の空間は久々に空間創立当時の精神に立ち返った作品を創り稽古しています。古典舞踊の手法を解体してパーツごとの面白さを誇張していく演出です。さあいよいよこれからですが、やる側にもおおいな戸惑いがあるようです。
 不思議とやる人の人間がもろに見えてしまうので恐いくらいです。どんなに自己弁護しても裸をさらさないうちは、舞踊のほうでも心を開いてはくれないのです。

 とにかく稽古に献身です。

 このところ、文化庁関係の審査会議に続いて出席しています。昨日は件数の多さにさすがに視力がグンと瞬間的に落ちたのを感じました。
今日は3時間ですから少し楽です。

 その前後は、午前中に辻村寿三郎さんの季刊誌用のインタヴュー、夜に空間稽古です。

 朝が寒いと思えばまた小雪ですね。雪は豊穣な恵みをもたらしてくれるといいますから、嬉々として出かけましょう。
[PR]
by nihon_buyou | 2010-02-18 08:56

2.16

 この処、気合いはいいのですが、周囲の気が澱むというか、魔が差しやすいのです。つまらない、取るに足らないことが脈絡なく湧いて出てきます。

 ここ2,3日でも誰もが当然と思うことが横流しになったり、また値切られることが多い気がします。もちろん、この不況ですからね。一応前もっての挨拶や心遣いがあればお金の高ではありません。が、安く見られたり、不平不満は言わないからどうとでもなるだろうと多寡くくられるのは心外ですね。

 お金以外でも、くだらない出来事が時折まとわりつくのがうるさいので、そろそろ蠅たたきでビシッと決めてやろうかと思ったりしています(笑)

 そんな折からFAXが直りました。いい兆しです。昨日は飲まなかったせいで今朝は快調!さあ魔でもなんでも撃退してやるぞ、寄らば斬るぞお~。
 大切なアイデアや応援者などを人に譲ったり紹介するのはやはり問題ですね。いつも私はここで厭な思いや損をさせられますから、もうオープンマインドは閉店して、マイマインド。

 気になる束芋のアートと映画「アバター」が見たいですね。能の日程が、こちらの仕事と重なりすぎるのは困りものですが、なんとかやり繰りをと。
 今日は原稿と空間の稽古です。
[PR]
by nihon_buyou | 2010-02-16 08:31