<   2009年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

大つごもり

 月籠り=つごもり
 毎月のつごもりでも、今日は一年悼尾の大つごもりです。月がお籠りするように私たち人間も静かにこの日を送って、明日からの再生を期するわけですね。

 今年もありがとうございました。天に感謝、神仏に感謝。そしてさまざまな人に感謝です。
一昨年末のガルーダさんの到来は大きくて新しい展開を私にもたらしてくれました。その事が今日になって今更のごとく実感しています。

 それに続く釈迦像の入来。これは苦しみかけていた私に、厳しいけれど新たな指針を与えてくれました。何度それに励まされたことかーそして、その展開がきっと明年にやってくるでしょう。いや、私自身で引き寄せることが必要だと知らされました。
 それは自分には最も不慣れな孤独との闘いになるでしょう。


 ところで先日、ある友人と語り合った際、彼が「自分のような実業家にはバランス感覚が必要とされるけど、村さんの仕事はどこかで尖がってなきゃいけないはずです。でもみんな尖がれなくなって体制に組み込まれちゃうんですよね。その点、普通の舞踊家とは違った尖がり方している村さんは…」と言われました。

 が、私はすぐに言葉を返したんです。「私もバランス感覚目指してますよ。ただね、1か所だけ尖がってるのなんてもう古いし、私には物足りない。全部尖がっちゃえば結局バランスとれちゃうって思ってます!」と言って大笑いしました。


 本当にホントにほんとうに時代錯誤な考え方は、芸能や演劇、芸術に携わる人間が感性だけ秀でていればいいという思い込みです。
 感性なんて言っているうちは碌なものはできません。知性も周囲への気配り、判断も、時には自己経営もすべてフル動員が要る仕事です。
 一見優れたアートのように見えるものとて、一回限りや短命のものなら別段かまいませんが、本来は人格とのせめぎ合い、伸長によってなされねばなりません。


 日舞でも以前たいへん巧いと定評の演者がいましたが、私はその舞踊がある時期からとても嫌いになりました。それは心のすさびが舞台に表れるようになったからで、彼女は人格とは無縁の女の業、舞踊家のエゴイズムだけが私には見えて厭だったのです。
 もちろんそれでも技術があったので、そういう踊りが踊れることに対して大方の人が感心しておりました。が、芸能はエゴの発露の場では断じてありません。また技術を盲信するものでもないはずです。その醜いまでの女の性に私は日舞家や表現者が陥りやすい穴を見た思いがしていました。


 いったい私たち芸能や演劇、アートに携わる人間はこの時代に何をなせばいいのでしょうか!?お米一つぶ育てられず、魚一ぴきさえとらず土さえ耕せない私たちはこの地球に対し宇宙に対し、またいま生命を受けた自分に対し、何をなせばいいのか…


 ひとえに美に殉じる者は、自身の中にある真性や善性にも目を向けなければなりません。我欲の虜になって、自分のことばかりを主張していてはミューズも弁財天も微笑んではくれません(苦笑)
 ましてやある年齢までいった人は尚更です。まだ私の年齢に近い人々でも自分自分でガタガタしているのはなんともはや…周囲に目配りすらできず、自分を言われただけで喜んでしまうのを見ていると悲しくさえなります。
 単純にいえば、自分だけではなく広くまわりを見渡せば新たな自分も見えてくるのです。


 私はまだまだ若輩のつもりでいましたが、今年後半はもうそうではないことを思い知らされることが沢山ありました。
 いつも若い人たちと一緒にいるつもりが相手からはそうではなくなって、自然とはずされているシーンが公私にわたって数え切れないほどありました。特に悔しかったのは自分が元のお膳立てをした張本人であるにも関わらず、なんとはなしにはずされた事が何度もありました。
始めは煙たがられたのか、無視されたかと気分を害したこともしばしばでしたが、どうも原因は違うことがわかってきました。
 それが釈迦像が教えてくれた「天上天下唯我独尊」のメッセージのほんの一部分でもあったのです。

 
 この淋しさはまだ慣れていないのですが、徐々に克服していきます。
 淋しさは心にいい!「別れを楽しめるようになるといい」「心に紅をさして生きればいい」以前、仏様から戴いたメッセージをいま胸に改めて納めて新年を迎えることにします。

 来年はいい年です!みなさん幸せです!!
[PR]
by nihon_buyou | 2009-12-31 14:36

12.30

 赤羽の大掃除は毎年大勢でしますが、何日かかかります。昨日は8人でしましたが、それでも一階から三階まで。四階の手つかずは例年のことになりました(笑)
 終わって残った人数で、最近お気にの韓国料理店で食事をしました。ここのプルコギや鍋がなかなか美味しいのです。なによりここのママさんと弟さんの気さくさが嬉しいのですね。

 この店ともう一軒中華があるのですが、ここの夫婦もいろいろ嬉しい心配りをしてくれます。やはり、海外からやってきて日本で働く人々は一所懸命ですね。あちこちで日本人従業員の気のきかなさ、無愛想、高慢と出会う度ごとにこういう人々の捨て身な輝きを思いだします。

 とにかく日本人は手に技もない若者までが自分の権利を主張しますからね。労働の楽しみや人と人との一期一会の大切さ、天への感謝など全てを忘れてしまっていますね。自己とか個性といった湯あかみたいなものを戦後に刷り込まれたことをよくよく反省しなければなりませんね。

 先日見た斎藤憐=作の「グレークリスマス」でも、戦後日本が指標としたデモクラシーという概念が白人の権利や欲望追求の具であったと述べる件がありましたが、そんな陳腐な概念にまだ振りまわされている人々には早く目覚めてほしいものです。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-12-30 09:49

12.29

 昨日はだいぶ飲みすぎました。さすがに今朝は大反省。
 
 しかし飲みながらも一つのことを考えていました。どうもそれが今の課題であるらしい。
 というのは、今実現したいことがいくつかあるのですが、それらが目標と少しづつずれるということです。
 ちょうど射撃場までは来たけれど、弾が的に命中しないという感じです。もちろん射撃場が探せない人も、見つけても中に入れない人もいるのですから、それらに比べたらおおいに幸せです。

 なぜそんな事に焦る自分がいるのかと考えてみたら、今までは自然とお膳だてが向こうからやってきたような気がするからです。俗にいう運がいい人だったのかと思います。
 もちろん、その中で努力もしましたし、苦しんだりもありました。が、まあまあなんとか思う通りになってきたと思っていたのです。それは神仏が私を導いてくれたからなのです。
 今もそれには変わりありません。それなのに、魚はたくさん泳いでいるが目指す鯛が釣れない状態にでも譬えましょうか。

 ここまで書いたら、客観視できた気がしました。何をなすべきかは単純なことでした。「人事を尽くして天命を待つ」ただただ愚痴は言うまい(笑)

 今日は赤羽で大掃除ーーー
[PR]
by nihon_buyou | 2009-12-29 11:36

12.28

 人形町の商店街はこの時期、正月のお飾りや門松などを売る露店が立ち並びます。
 昨日はなぜか毎年その店で買ってしまう店主から声をかけられました。両手に荷物の私は28日が不動尊の縁日なのでと一日延ばしてー今日お飾りを人形町の私室と赤羽にするつもりです。

 昨日は柳谷さんと今年最後のがんこ座で踊りを見ながら食事。知り合いが、「こういう不景気の時は歌舞音曲がいい」と、わかっている人がいるもんだねと暗黙の合意。芸能は天に通じ、神仏を和ませ、人々の心を歓喜させるからなんです。

 その意味でいっても、能や歌舞伎が演劇になろうという一時代前の野心はもう捨てたほうがよろしい。演劇は人間賛歌ですが、天や季節の巡行を祈る性質のものではありません。芸能は本質に祈りがあって、それを娯楽という表皮に包んだものです。その比率はさまざまですが、先日の加賀見山にしろ忠臣蔵にしろ、曽我でもほとんどにメッセージを秘しています。ちょうど土中に埋め込んだ願書のような感ですね。

 ある時期、西欧から来た演劇という概念に染まってこそ新しいのだという風向きがあって、芸能がすべてそちらに靡いたのです。いわば芸能の地位は演劇の風下に追いやられたわけですね。
 もちろん能も歌舞伎も演劇的な部分を大いに有していたわけですから、胸を張って我も演劇なりを主張したわけです。が、それでは解けない部分があまりに多い。例えば最後に登場する国土安穏、山川草木悉皆成仏、めでたけれ…等々は過去の遺物と断定して切り捨てるしかなかった。

 まあその程度はなんとかなっても、忠臣蔵が12月に必ず上演され、師直は黒、若狭は浅葱、塩冶は卵色のそれぞれ大紋をつけている意味や、曽我が正月であるメッセージは解けない。析で開幕や終わりを知らせ見えにはツケを打つ。金属でもよさそうなものを敢えて木で行う。能はほとんどすべての役が扇を持つ。持たねば能にならない。それに続く芸能のほとんどに扇が纏わりつく。木や扇は依り代であり、これをめがけて芸能は天下り、また芸能者の魂は発揚するのです。


 近年、自然から人間は離れ、自然を動かそうとしました。また人間同士もマンションのドア一つで他と個を隔て、プライベートや個性などを信奉しました。
 そのひずみで起きた現代の事件、事象の数々…
 芸能は自然や天と人間が交流するすべを知っています。また人と人が個体という殻に閉じ込められているのではなく、互いににじみ交歓できることを実感していました。だから一人の人間がクルリと回って人格を変えたり、義経役が「その時義経少しも騒がず」なんていうト書きを歌えてしまったりしたのです。

 終曲間近に登場する祝儀は人間が、自然や天と交流できた実感あってこそあんなに多く歌われ続けたのです。
 この時代だからこそ歌舞音曲といったのはこんな意味や体験があってのことだったと推察されます。

 年末にTVで歌番組やお笑いが多いのも、気ぜわしいからだけではありません。人々の歌や笑い声が新年の嘉祥を呼び込むからに他なりません。
 
 すべては予祝です。めでたい家にしておかなければ、めでたさは到来しないのです。

 さあ、これで私も今日、門松とお飾りができそうです。良い年は暮れのうちから招きましょう。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-12-28 10:24 | 日本文化・しぐさ 他

12.27

 お陰さまです。歌舞伎も無事千秋楽。いろいろありました。演出家としては、幕が開いてしまえば後はお任せでいいのに、何故か毎日のように行かねばならないような流れになってしまいました。

 昨日は次女常世の誕生日と入籍を兼ねた小パーティを赤羽でやりました。婿の掛巣くんから改まって籍を入れさせてもらいたいという挨拶を受けた時はさすがに照れと面喰らうのとが同時で、自分でも何を言ったのやら…この日の入籍を知らされてもいたのに今更改まったので驚いただけです。

 荒木一郎さんのクリスマスパーティに行ってきました。来年、品川ホテルパシフィックが改装?されるとかで、ここでの催しは今年が最後とか…
 始めはあまり目新しくもないマジックが続き、いささか辟易しましたが、松元ヒロさんのお笑いからは大いに盛り上がりました。最後に荒木さんの歌。
 あの鼻歌のようなフレーズとプライベートな旋律が心にいくつもの記憶を甦らせてくれました。一緒に行ってくれた井上さん、小澤さんもたぶん同じ気持ちだったのではないかしらん。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-12-27 11:29 | 伝統芸能・日本舞踊・能狂言

12.23

 昨日の若手公演4回目はようやく初日が出た感がありました。
 
 演技は歌舞伎ははじめてという人々ばかりですからまだまだですが、それでも仇討を成し遂げたお初が尾上の魂に向かって頭を下げると、熱い思いが伝わってきました。テクニック的には未熟なところがあるにも拘わらず、魂が共振を起こさせるようでした。

 さあ、若手は今日が楽日です。私はそれを見て、彼らの打ち上げ尻目に森下洋子さんの「くるみ割り人形」と会いに行きます。そして、もしかしたら2次会に戻るかも!?

 天気も上々!うつされかかっている風邪もなんとか食い止めて、このまま外へ放り出してしまう所存です。


 人間は感謝が大切なのですが、してもらうこと、愛されることが当たり前になって麻痺してしまうことがありがちですね。

 私たちのように芸で育った人間は、必ず師匠への礼をまず第一に教えられ、とことんそれを実践していきます。ある意味では、心からそう思えない時でも型としての感謝、礼を捧げます。
 ですから、それさえしておけば万事うまくいきますし、自分も安心してしまいがちです。
 しかし、特に人から可愛がられつけている人や、面倒みられ慣れてしまうと、どこか感謝の念にも隙間風が吹くものです。すなわち、そんなつもりになってしまう…

 人がもう一段グレードアップするには、そういった型や習慣を思いきって捨ててしまうことも時には重要になるようです。
 例えばダイエット一つにしたところが、始めはある程度まで痩せられてもそれ以上はシェイプアップ出来なくなる時点がきますね。これが人間や芸の成長にもあるわけです。

 そんな時はどうしたらいいのか…それには、すでに自身の無意識下にまで潜り込んで当たり前のようになっている習慣を引きずり出すしかありません。
しかし、これは残酷でつらい仕事です…

 私が26歳のころ、それまでの全てを変えようと思った時の笑い話ですがーーー尊敬する出版社の社長さんと毎日のように居酒屋へ通い、カウンターで泣かされました。そんなある日、遅くなって会社へ泊めてもらったのですが、朝起きたら、当たり前のことですが歯ブラシが無い!今のようにコンビニの無い時代です。するとその社長が「鼓登治、これを使え」と言って自分の歯ブラシを差し出したのです。

 それまでの私にとっては驚天動地の出来事でした。なぜなら、他人の箸や茶碗を使うのも、友達同士がよくやっていたコーラの瓶を交互に口飲みするのさえ出来ない潔癖症?だったのですからー
しかし、社長はそんなやわな私を見抜いていてわざとそうしたのだと思いました。もちろん私を可愛がってくれる思いがあるから出来たのも事実でしょうが、それにしても歯ブラシを貸すのはご自身にとってもあまり気持ちのいいはずはありません。

 私はためらわずにその歯ブラシで歯を磨きました。ちょっとしょっぱかったのを今でも覚えています。その時から自分の中で大切にしていたものがガラガラと音を立てて崩れていくのがわかりました。悲しかったけど、あんなにつまらないことを大切にしていた自分とはさよならができた瞬間でした。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-12-23 10:06 | 伝統芸能・日本舞踊・能狂言

12.22

 若手による加賀見山の初日は大入りでした。もしかして5公演の全てのお客様がいっぺんに来てしまったかと案じられるほど(笑)

 この人々を育てようとする側はいろいろな思いがあるので、皆さんが皆さん、若手らに指導しようとします。迷う若手。これも必ず通る道ですが、いまは迷わず演出を信じてやるしかないのです。
 しばらくは周囲があれこれと言いたがります。それは彼らにそれぞれ思いがあるからに他なりません。それをすべて聞いておくことが10年後に役立ちます。付け焼き刃は却ってその人を間違えさせてしまいます。下手なら下手のまま、小細工をせずにストレートに演じるのがいい。
 歌舞伎にしろ舞踊にしろ義太夫にしろ数カ月くらいでは穴すらあきません。それが生かすには最低10年前からの仕込みが必要です。ですから演出家の私の仕事は、彼らの持っているものから舞台に載せてもなんとかなるものだけを抽出する作業でもあります。付け焼刃や偽物はすぐにばれてしまうからです。
 そこに歌舞伎のエッセンスや精神を盛り込めばいい。歌舞伎というととかくイメージが限定されてしまいがちですが、それこそ歌舞伎にとっては危険この上もないことなのです。もっと振幅も守備範囲も広いものです。遺産と考えた瞬間、歌舞伎は衰えるものです。

 いま私たちの勉強は今日明日に役立てようと思っても無理です。すべて10年後の自分のためです。
 ああ、だから勉強ですね。いまから10年後の自分を楽しみにしながらー
[PR]
by nihon_buyou | 2009-12-22 10:46 | 伝統芸能・日本舞踊・能狂言

12.18その2

 前文のブログのような気分で朝を迎えた今日ー話は前後しますが、日課の水天宮様へのお参りもなんとなくこの一週間は滞りがちでしたが、たまらなくなって駆け込みました。

 いつものような二礼二拍手一礼をしました。神前での当たり前のこの行為ですが、怒りにたぎった胸にある思いを懐かせました。
 頭を下げてみてわかったことーーーたとえ自分がどんなに正しくとも、その正しさゆえに傲慢になってはいけないということ。正しさは人それぞれの物差しの違いで変わります。
 私の苛立ちは結局自分しか理解できないし、正当化することもできません。
 たぶんこういった鬱積が、頭下げることで緩和されたのでした。あのブログがあれなりに冷静で書けたのもそのお陰です。本当はもっと過激な内容になるはずでしたから…


 いま、銀座ブロッサムで昼の部を見てきました。この時期になってもトラブルがありました。正直言って疲れてしまい、家に戻った次第です。もちろん諦めはしません。ただ少し休みたくなったのと、これを書けば落ち着くことがわかっているからです。

 少し横になることにしましょう。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-12-18 16:52

12.18

 人に褒められるときほど要注意とは、周囲の人々にさんざん伝えているのですが、なかなかわからないようですね。だいたい同じ人からああだこうだと褒められるのは、こちら側が褒められたい顔しているか、嬉しがっているのを相手に見透かされているからなんですね。
 私はこういった人々から何度も裏切られましたし、また褒められた為に自己を見失ったことすらあります。耳に心地よい言葉ほど用心です。

 ところが、今の世相はまだ「褒めて育てよ」が善のようです。が、褒めるばかりでは大きく育ってもブヨブヨなだけ、やはり叩いて磨いてこそキリリと引き締まるものです。 
 ダイヤモンドを引き合いに出すまでもなく、刀剣だって蕎麦だって何だって同じことではありませんか!?それなのに人間の育て方になるとどうしてわからなくなるのでしょう…友達、仲間に対してすら甘っちょろい世辞しか言えないようになってる。「喧嘩するほど仲がいい」くらいの言葉は知っているはずですが、最近は皆さん、まず保身に走るようです。人に意見を言うことは自分も身を削ることです。  身を削るからこそ自分も鍛えられるのに折角のチャンスも自分がいい子、褒められていたいばっかりに失っていくのです。これではいつまで経っても大きくはなれません!


 このブログでは絶対に人の悪口は書くまいと決めていますから、その禁を破る気はさらさらありませんし、そんな人のためにこのページを汚すのは最も残念です。
 が、いまどうしても叫びたいことを、さっき電車の中で数えたら十指を越えていたのには我ながら驚きました。
 手前勝手についてはこの処何度か述べましたが、自分の営業をところ構わずやってのけるしたたか者や、些細なものを買ってやった贈ってやったで恩着せがましく言う者、とにかく自分の身の回り3センチほどしか見ずにさも大事件のごとく騒ぎ立てる者。わかりもしないのにすぐにわかったと言う者(私は20歳の時にこれをやって破門されましたー笑)

 ともかく今の時代はすぐに鬱だのいっぱいいっぱいだと言い過ぎます。これでは本当の病気の人や、食べられない苦労している人、住む場所もなくさまよい続ける人々へ対し申し訳ないとは思えないのかーいや、思えないからちょっと調子悪くなるとこんな殻作って逃げ込むのでしょう。どうせ逃げるならもっとオリジナルな逃げ方を創案すべきですよね。ちなみに自分は中学の時、学校トイレに10時間立て籠もったことが3度ありますが…あまり、たいしたオリジナリティではありませんね(笑)

 この話をしたら、友人の数学者がこんなメールをくれました。「できない=鬱 無能の方程式」と。
私はすぐに返信して「きれいな方程式が数学と人生の極意」と。複雑な式ではないのです。数学も人生もいかにすっきりとした形に整えるかであって、自分で複雑に入り組ませた方程式は使い物になりません。人間も同じですから、次第に使われなくなります。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-12-18 11:52

12.16

 今日はなんと赤羽のカギを忘れてでかけてしまい外で30分ほど誰かの到着を待ちわびる破目に相成りました。昨日、芝居の大道具さんや音響、照明、制作の人々21名で遅くまで飲んだのが尾を引いて?の体たらくです(笑)

 午前中稽古をすませ、午後は若手公演の総ざらい。最後の勢いのせいか、一所懸命はいいのですがはみ出しかけた人もいて、やはり不安定です。
 まあでも、その危うさが思わぬいい結果をもたらすこともあるので、後はみんなのエネルギーを信じて、成功を祈ろうと思います。もちろん、これですべてが終わったわけではありません。これからは現場の空気との馴染みです。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-12-16 18:16 | 伝統芸能・日本舞踊・能狂言