<   2009年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

わたしの記念日 10.31

 毎日の師匠業で、なんとなく社会からうとくなった気がします。
 朝から晩まで次仝とやってくる門弟らと顔を合わせ、それぞれに合った稽古をしたり、時には迷った道の方向を示唆したり…丸一日をそんなふうに過ごしてさらに新聞読んだり、TVのニュースを見たりは精神的にも肉体的にもたいへんです。
 昔の師匠たちはこれに耐えていたのでしょうし、逆にいわゆる世間常識に欠けてしまいがちになるのもどこかで仕方のないことだという気がします。

 ただよく間違えるのは世間と社会の区別で、茶の間の奥様たちがTVや新聞で得た情報をふりかざして「社会」と思い込んでいるものは、流してもよい種、操作された情報ですから、もなかのの皮だけを食べているいるような味気ないものです。
 おそらく優れた師匠たちは、稽古詰めの毎日の中からでも情報の数こそ得てはいなくとも人間や社会の本質を見抜く目は養っていたと思われます。それは山本健吉氏がいみじくも「俳諧的なものは天下るもの」と言ったのと同じく、舞踊という一芸に徹した時に天下るものがあったはずです。

 これは気分のようなものでも、考えて得られるものでもありません。やってやってやり抜いている時に訪れるものです。コリン・ウィルソンはいわゆるランナーズ・ハイのようなものが精神上で起きることをX機能と名付けました。未知の覚醒された精神状態で、薬物などを使わずにその状態に至ることを考究してそうなづけました。


 それはともかく、あと一時間未満で明日になるなんていう時間に帰り、ホッとしてTV録画を見るのが最近のマイブームです。つい何カ月か前までは、TUTAYAのデリバリーでシリーズ物を制覇してしまうことにこってましたが、今はその新シリーズが私のペースに追い付かない状態(笑)なので、しばしウサギさんはカメさん待ちで、TVの「相棒」や「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「笑点」などを気楽に見ています。
 真夜中録画の「プリズンブレイク」のファイナルシーズンは12回目でいよいよ目的のスキュラもダッシュでき、組織の陰謀を暴けることとなり、主人公たちも晴れて自由の身、ついに最終回とホッとするやら残念やらの複雑気分で録画時間を見れば、まだ残りが10分ありました。いやな予感は的中!かれらの努力は水泡に帰し次回へ…思わず声を上げて一人でうなってしまいました。ったくう、やら嬉しい?やら…まだ私までも自由にしてくれないようです。


 こんな時期はつい通販生活ーで、いろんなものが届きました。特に待っていたのは万能茶で、さっそく煮出したのはいいのですが、鍋のふたをし忘れ、せっかくの大好きな香りが飛んでしまったのが今日の失敗です。
 それよりなにより、思い切って、限定30セットの白川静先生の「文字講話」がすべて収納されているDVDを購入。今日届きました。これが今回、私が師匠に徹していることへの自分へのプレゼント。
 そして私がこれを持っていれば身近な人がいつでもみんな勉強できるようになれます。
 財産のない私にとっての宝物がひとつ増えた今日を、わたしは記念日にしました。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-10-31 11:44

10.27

 なんだかブログが書けないでいます。別にさしたる問題があったわけではありません(問題なんて四六時中いつもですからー(笑))

 一昨日は振付やら昔の記憶を探りながらの振り掘り起こし作業。昨日は一日赤羽での稽古三昧?でした。
 門弟らの一挙手一投足にその心の状態が見えてしまうので、励まされたり、嬉しくなる時もあれば、疲れてしまうこともあります。

 ともかく私は甘えを呼び寄せる波動をもっているようで、これが後に誰かに利用されたり、こちらが無力感を持ったりする原因になります。つまるところ、それは私自身の甘えが原因なのだと今更ながら気づいています。ちょいと小さく臍を固めながらー(再笑)

 花柳寿南海師の「山姥」についていろいろ書きたかったのですが、やめることにしました。楽千代さんの12月の会で偶然山姥をテーマにするからです。はじめに批評ありきではなく臨みたいと思ったからです。 
 私はいま古典芸能の人が思う山姥とは、特に能のイメージとは異なるイメージで山姥を捉えようとしています。でもまだ靄がかかっています。 
 ふと目を細めたり、カッと見開いたりしながら、山姥幻視行にでかけます…
[PR]
by nihon_buyou | 2009-10-27 10:59 | 伝統芸能・日本舞踊・能狂言

ろうそく能ふたたび

 昨日は今井清隆のろうそく能で「黒塚」を見ました。今月二度目のろうそく能です。
といっても、この舞台はシーリングを舞台に多少あてていたことと、さすがに金剛流独特の動きの大きさ、切れ味、さらに本人の芸に力があるので薄闇が苦にならないどころか、却って効果を挙げた部分もかなりありました。

 だからといって、始めに決めた明りで最後までやりきろうとするろうそく能、いや能の行き方には反対です。能はフラットな明りであるべきという一辺倒な考えは如何かと思います。
 特にろうそく能まで企画することは、明りによって舞台がどう見えるか、見せたいかを場づくり、雰囲気づくり、話題づくりだけで終わらせてはいけません。
 
 舞台を企画するという行為は一つの作為です。現行の舞台のように芸だけで勝負するなら、ろうそくの光で舞台を構成する必要はありません。
 いまさら「陰翳礼讃」を引くまでもありませんが、障子、欄間などに差し込む光やそれによって生じた影の偶然、自然が見せる恐ろしいまでの移ろい…
 それをすべて巧まぬ自然の所為と評価するのはあまりに乱暴です。そこには障子の紙や桟といった用意された仕掛けがあって、それに偶々自然が働きかけるから季節や日、時間によってその瞬間でなければ味わえない奇蹟を生じるわけです。

 働きかける時間、日差しの変化といった自然の魔術は前もって期待計算されているーーーこれが「作物」なのです。その意味で、ろうそく能には始めに作為ははあっても終わりにはそれがない。人の目が薄闇に慣れることだけに依存していますが、それには限界があるのです。

 確かに今井の昨日の芸なら暗さがまあ気にならなくはなりましたし、それを忘れさせてはくれました。が、面などは最後までわかりませんでしたし、もっとはっきりとこの目で見て感動したい芸も彼方で蠢いてはいた気がします。薄闇でも芸を感じさせた今井の芸はたいしたものですが、はっきり見たとは断言できませんし、見たかったという悔いだけが残ったのは事実です。

 以前にも書きましたが、ろうそく能で自分の五感に驚き、異様な緊張と体験を楽しんでいられるのは、始まってせいぜい30分止まりです。これから先はろうそくだけに責任を押し付けてはいけません。あくまでも舞台は作物なのであって、偶然起こる自然現象とは異なるのです。だから、作物としての明りのマジックを30分後からは加えてやらなければただのレアな見世物になってしまいます。

それでもどうしても蝋燭光だけで終始したいというなら、どんどんそれを増やして最後は舞台一面を蝋燭で埋め尽くすのが面白いでしょう。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-10-25 07:42 | 伝統芸能・日本舞踊・能狂言

10.24

 竜小太郎さんとの対談は、あちらのファンの方々が温かく見守って下さり、トントンと話がはずんで、いい催しになったかとおもいます。 

 その後、門前仲町にある寿司屋の居抜き買い取りやその他の相談でその店へ。古宮、楽千代、井上氏らといろいろな企画の話も進み、料理もそれなりに美味しくいただき、さてお勘定の段となったら、我々全員の予想を裏切り2倍!皆々不快な思いで帰路で、あれだからお客さんが誰も入らないということを納得したものでした。
 私の近所にあった寿司屋さんも、父親の死後、息子の代になり、あまり美味しくはなかったのですが縁を感じ通う中で、いろいろ意見を言いましたが頑固で聴く耳持たずとうとう潰れました。そこも値段がまず明朗でない点に尽きます。昔からの寿司屋計算がいけないというのではありません。せっかく若い店主に代替わりしたのに相変わらずの不入りだったので、値段を表示してみてはどうかのサジェッションに頑として聴く耳持たず、ネタの仕入れも築地から定期的に届けてもらう前からのやり方でなく、自分の足と目で確かめてみる、いわば企業努力をしようとしなかったのです。

 日本舞踊も人生も同じです。いま自分がやっている方法や生き方、考え方の傾向などには誰しも理由や体験があってそうなっているのは当然ですね。
しかし、それでうまくいかなかったり、先へどうしても進めない場合にはそれらの習慣になんらかの問題があるわけです。
 純粋であればいいとか、善意であればというのは実は自分への甘やかしです。なぜならそこにもう一つ、発展したい自分がいる以上、純粋や善意の純度や質が低下していることを知らねばなりません。
 体制、大勢に与しないでやるというのは私の生き方の傾向ですが、それはカッコつけでは言えませんし覚悟であります。と、もう一方で別の人々には認められていく企業努力も実は必要になっているのです。口先のアウトローなら誰でもなれます。が、アウトローだけでは決して生きられないことを実感、自覚するアウトローこそ息永くやっていくコツなのではないでしょうか。

 「もののあはれ」とは悲観的なことではありません。悲しいことだけでなく、嬉しいことや恋のときめきなど人間のさまざまな事象に感を動かされることなのです。
だから、生きるということはダイナミズムなのであって、悲しむだけが「もののあはれ」ではありません。その意味では「諸行無常」も同じで、盛んなものが衰えることだけでなく、衰えたものも栄えてこそ、すべては移ろい動いていくということなのです。
 これらからもわかるように移り変わる中に人間や人生、社会の本質を見るのが日本の思想の重要な部分を占めています。

 変わらないことを決め込むのは一面カッコイイ美学のように見えますが、これは美学であって「美」そのものではないのです。
 美はいまここにあると思っても、次の瞬間移ろいます。私たちの感動すら同じものを見ても、二度目三度目は初回と違います。自分の生き方もまさにそれで、決めた瞬間、停滞が始まってしまうのです。
 その意味でも物差しを何本も、そして常に取り換えることを恐れないことが必要な気がします。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-10-24 12:38

10.23

 さすがに丸一日稽古はこたえました。途中でうっかり意識を失った時間が2,3度。いえ、誰の時とはいえませんが…
 でも、疲れてはいてもいっぱいいっぱいなんてことではありませんよ。そんなこと言ったらもう仕事なんか来なくなってしまいますもの。お弟子さんだってそうです。っせっかく天が与えて下さった機械です。眠かろうが、疲れていようが、感謝ですね!


 今日は川口を少し遅れの6時に出発したら、もう電車は座れませんでした。みなさんはこれが毎日なんだなと思うと身が引き締まると同時に、自分はなんていい仕事させてもらっているんだろうかとまた感謝です。


 夜、竜小太郎さんとの対談があるので、これから付け焼刃で勉強?です。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-10-23 09:41

10.22

 昨日は駈け通し駈けた一日でした。
 帰ったら11時半近くでしたが、それでも「相棒」の録画だけは欠かさないで見ました。でも、頭がボオッとしていて、もう一つ理解していない状態。またの楽しみにー

 今日は赤羽にて一日稽古です。

 なお、竜小太郎さんとの対談は28日ではなく明日23日㈮6:30~八丁堀でした。どうも細かい日程を間違えやすい。マネージャーの必要大です。どなたかいませんか???

 なお、花柳寿南海師の公演に関しては後日感想を書かせていただきます。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-10-22 08:28

10.21

 稽古がだいぶ煮詰まってきました。
 本当はゆかた浚い程度の小さな会ですからもう少しノンビリトとやればいいのですが、学生時代からの詰め込み・追い込み型のせいか、間際になってあたふたしています。

 小会は11月7日ですが、2日からルネサンス歌舞伎の稽古がスタート。しかも若手のほうの公演の演出も私なので、始まればほとんど時間はそれに費やされてしまいます。
昨日、やむなく主催者の舞創さんに稽古日程変更のお願いを出してしまったほどです。この2週間が山場ですね。

 へとへとになって、紫葉や櫻鼓と約束していた寿司屋に駆け込み、川口でだいぶ大きくなった猫のフヒトと一緒に眠って翌朝は赤羽の9:45からの稽古に出れば楽なのですが、なんと手帳とメガネ、それに稽古終わってすぐに行かねばならぬはずの場所がどこだかわからない…
 早朝起きはお手の物。5時起床で川口発。水天宮で手帳を見れば、午前中稽古、2時から国立能楽堂、6:30国立小劇場、9時舞創で大道具打ち合わせなどとありました。チケットも2種類カバンにつめてっと…


 TVニュースでは加藤和彦さんの自殺と長塚圭史の結婚が話題になってます。長塚さんは海外研修制度を利用して、たしかイギリスに留学中?私はその審査員の一人として彼と会った程度の記憶しかありませんが、なんとなく身近な話題に感じるものですね。
 加藤さんは、私が中3でTVに出始めのがヤング720という番組で何度か会ってそれきりです。そこではフォークルの北山修さんが司会をしていて、私には優しい御兄さん、加藤さんも同じグループでしたが、だいぶ年上の気がして、その頃はあまり馴染めない存在でした。
 
 でも曲は「悲しくてやりきれない」はじめ、いろいろとても好きでした。今度の11.7の会の大喜利で加藤さんらの曲から一つ踊ってみようかと思いました。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-10-21 07:11

10.20

 いまブログの中では漢字変換かなぜかできずに困っております。これは「メモ帳」に書いて「切り取り」で貼り付けなので変換できるのですが、貼り付けたあとの編集や、コメントを書く作業はどうしても平仮名になってしまいます。紀貫之になった気分です…(どなたかアドバイスを)

 葛飾での舞踊会の翌日に丸一日稽古はさすがに疲れておりましたなり。ユンケルなんどは効かないことをしりつつ飲んでみましたが、やはり無駄で何度か意識を失いました(笑)
 それでも夜の人がたまたま休み多くほっとして、早々に引き揚げ、クイッとビールを飲んで眠っちまいました。

 そのせいか、五時半に目が覚めたのでエイヤッとばかりに川口から水天宮へ。朝のお参りするとお練り以来の有馬宮司様とバッタリ。「今日は戌の日だから張り切ってます」とふくよかなニコニコ顔でした。

 可楽の落語はあまり聞いたことなかったので、それ聞くのが興味です。
 今日は夕方から稽古です。古い曲を思い出す作業をしてみようと考えています。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-10-20 07:32

10.19

 負けや失敗を認めるのはつらいことです。それを開き直ってああだこうだと理屈をつける人がいますが、それだといつまでも前へ進めません。昨日は思わぬ失敗をしました。いろんな思いがよぎります。
 しかし潔く敗北を認めて、その原因を反省して先へ進むこと。悔しい思いこそバネ!

 他人事ですが、いつも同じ処を堂々めぐりしている人って、必ず言い訳したり開き直ったりしますね。一見、それはその人の過ちではないような事でも、それを繰り返す場合はやはり自分になにか問題がありやしないかと振り返る機会を天から与えられている時なのですが…
 かく云う私も先日、また砂を噛むような後味の悪い思いをしました。自分ではよかれと思っての行動がいつも同じ結果を招く。その結果でも仕方ないと思える自分でない限りは方法や考え方を切り替えねばならない筈ですね。
 そんな事をいまさらわかるなんて随分晩熟な気がしますが、まだまだ成長は止められません!!

 面白い企画もいろいろし始めました。体力気力知力を充実させておおかねば…

 文化庁からもまた新しい御役を二つ仰せつかりました。
 民主党も少なくとも気持ちだけは新しく方向への転換を目指しているようです。そんなニュースを見るたびに、私が政治家になるという占いを思い出します。どう考えても無理だと思うのですが、周囲に押されてそうなるのだとか…方向と政治は特にオンチな私のこと。そのオンチが多少是正されるというお告げとしてとっておきましょう。

 朝、「健康」誌の原稿上がり。今日は秋の小勉強会向けて赤羽で丸一日稽古。
[PR]
by nihon_buyou | 2009-10-19 07:30

10.18

 昨日は鸞の会で能三番。「清経」のみ芸術祭参加。角当の装束が淡い夢のような色彩で美しく若々しかった。
 井上和幸の「弱法師」で「往き来の人と行きあい」の件で、アイと肩を打ち合わせる型を見せる。角当直隆の「道成寺」は前シテの明確な作りに比して、後はウロコ落とし前後の装束の扱いや、打杖の扱いが雑で、骨太な狙いが裏目に出た。(詳細は能楽タイムズに書く予定)

 昨日は遅めの朝食、昼食ともにちくわそばを食べた。千駄ヶ谷の駅そばのそれは、ちくわがどんぶりからはみ出すほどに大きいのがうまい演出で、上野は一本を二本にして青のりを入れ揚げてあるので香ばしい。いずれもお気にだが、最近上野のそばは風味が少し落ちたのと、汁が熱すぎるのが残念か。
 
 
[PR]
by nihon_buyou | 2009-10-18 06:51